補助金専門の中小企業診断士の起業エピソード「坂本経営事務所」

助成金
回答いただく専門家は、補助金&助成金申請を得意とした中小企業診断士であり、坂本経営事務所の代表 坂本 庸芳氏です。

Q.社会人時代はどんな企業で勤めてたんですか?

半導体メーカーに勤めておりまして、仕事とすれば財務と経営企画部門に従事しておりました。

Q.起業した時期やきっかけは何だったんですか?

起業した時期は今から5年ほど前です。そしてきっかけはやはり会社が厳しくなった…というよりかはむしろ一国一城の主として私も経営者になりたかったという所です。そのために中小企業診断士という資格を退社後に取得しまして、今まで培ってきた道を承継してコンサルティング業を始めました。

Q.起業して軌道に乗るまでは苦労をされましたか?

かなり苦労しました。要は自分が何をしたらいいのか?資格だけ取っても結局それをよく決めていなかったので、あらゆる事に手を出しました。その中である人に教わった事が「自分自身が今まで何をやって来たのか棚卸しをしてみなさい」と言われて。それでやってみた結果が今の補助金や融資、こういった事のサポートに決まったわけでございます。

Q.現在のビジネスモデルは起業当初と同じですか?

だいぶ変わっています。結局先ほども申しましたように、いろんな事をやっていた中で、今はもう補助金・助成金、それから融資のサポートに特化しております。

Q.実際に起業してみて会社員時代と比べて大変でしたか?

それはもう大変です。左側に「大変だ」という事を置けば、右側にはやっぱり「やりがい」ってあるんですよ。何故かといったら起業すると全てが自己完結なんです。変な話ですけど、結構サラリーマン時代ってサザエさん病といって、日曜日の夜のその時間になると「嫌だなぁ」と思ったのが、今その時期を迎えても全くそれが無いんです。まぁ収入と、それから労力。これはやっぱり大変さは増していますけれども、ただ正直言って今思えば、サラリーマン時代には戻りたくはないなと思うのが本音です。

Q. 新たな夢や目標はありますか?

やはり巷で事業承継と騒がれていると思います。私も身内に今の私のやっている事を承継してもらおうなんて事は毛頭考えてなくて、若い同じ中小企業診断士と輪を組んで活性化してその者に次の世代を担ってもらいたい…こういう風に考えております。

Q.最後にユーザーに向けて自己PRがあればお願いします。

「ものづくり補助金」、「革新的事業展開設備投資支援事業」といった設備投資の補助金に強い中小企業診断士の坂本でございます。お気軽にご相談ください!